りりっちょ

興味の向くままアレコレ( ´ ▽ ` )ノ

Adobe Ideasでキャラ描いてみる

Adobe Ideas

自由線のみ(パス無し!)
シェイプツール無し(!)
テキスト無し(!)
色の境界で範囲分けしてる
閉じた線の中は何度でもバケツ塗りつぶし出来るが、後から消すことは出来ない(ある意味一発勝負)
レイヤー統合はやり直しは出来ない(まさに一発勝負)
レイヤーは10枚まで
undoは15回まで
ファイルを呼び込めるのは
Adobe Creative Cloud
・フォトライブラリ(iPadの写真)
・カメラ
Google
Flickr

以上の点を留意しながら、iPadAdobe Ideasでマンガ的なキャラ描いてみました。

1・下書きを他のアプリで作成し、「写真」に保存しておきます。
下書きをなので画質はテキトー。


2・Adobe Ideasで新規ファイルを開き、「フォトライブラリ」から下書きを呼び出します。

3・主線を描きます。

強力な補正でなめらかな線が描けるのですが、うっかりいらん交差しようものなら修正で綺麗に整えるのは至難の技(;´Д`A

レイヤーを何枚も使って描き、はみ出しやとじ忘れが無いかよく確認してから統合します。

4・別レイヤーで影線を入れます。

主線を傷つけないように、別レイヤーで影線を入れます。
(主線レイヤーは常に最上に配置)
これもはみ出しなど無いか、よく確認してから主線レイヤーと統合します。

5・色を塗ります。
バケツツールでガンガン色を入れていきます。
うっかり線をとじ忘れた箇所は、別レイヤーに描いてから統合します。

6・出来上がり。
とりあえずアニメ塗りしてみました 。
今までの習性が抜けず、範囲取り→塗りつぶしを意識したやり方になりました。

■注意点
iPadは基本的に自動保存なので、「失敗しちゃったからリセット」は出来まへん。
undoの回数も限界があるので、制作失敗を避けるためには「レイヤー統合前に必ずファイルを複製しておく」のは必須。このへんはデジタルで描いてる人なら言われなくともやってるよね。

あと、Ideasで「アルバムに追加」すると、勝手に画質を落とされて汚くなります。
Cloudに上げてブラウザからダウンロード→「画像を保存」でフォトライブラリに入れると、元の画質が保持出来ます。

どのアプリについても、新規ファイルを作ってから写真を呼び込む方が画質はいいようです。
最初から直で開くと、なんか汚いんだよね(´・_・`)

修正が効かないところが多いので神経使うけど、補正機能がかなり良くて素敵。
アイデアを書き留めるにはとても良いアプリだと思います。
これでシェイプツールがあれば、ホントいいんだけどなー。